高井神楽団 広島県広島市佐伯区

 
高井神楽団

悪狐伝(あっこでん) 【新舞】

珍斉(ちんさい)中国や、インドで悪行(あくぎょう)を重ねた金毛九尾(きんもうきゅうび)の狐が日本に渡り来て、美女に姿を変え、玉藻前(たまものまえ)と名乗り、鳥羽(とば)の院(い)に仕え、一身(いっしん)に寵愛(ちょうあい)を受けていました。
しかし、陰陽師阿倍清明播磨守泰親(おんようしあべのせいめいはりまのかみやすちか)により正体(しょうたい)を暴かれてしまいます。
泰親(やすちか)の祈祷(きとう)により苦しくなり空を駆)けて、ここ下野国那須野原(しもつけのくになすのがはら)に逃れ、隠れ住んでおりました。
そこで関白直実(かんぱくなおざね)の勅命により、上総(かずさ)の住人上総之介(じゅうにんかずさのすけ)、下総(しもうさ)の住人三浦之介(じゅうにんみうらのすけ)の弓引(ゆみひき)きの名人(めいじん)が悪狐退治(あっこたいじ)に那須野原(なすのがはら)に駆けつけて、格闘の末これを退治します。

この神楽は途中で、珍斉(ちんさい)という道化役(どうけやく)が出てきます、珍斉(ちんさい)を食べてしまおうと訪ねてきた玉藻前(たまものまえ)と面白おかしく問答(もんどう)を繰り広げます。

出演者
三浦之(みうらの)介(すけ)
上総之介(かずさのすけ)
玉藻前(たまものまえ)金毛九尾(きんもうきゅうび)の狐の化身
白狐(びゃつこ)(金毛九尾(きんもうきゅうび)の狐)
珍斎(ちんさい)(十念寺(じゅうねんじ)の伴奏(ばんそう)坊主)

奏 楽 大太鼓 小太鼓 手打鉦 笛

   悪狐伝(あっこでん) 【新舞】
 
 
 
 
高井神楽団事務局 広島市佐伯区八幡東四丁目23番20号
団長 中川輝彦
tel:082-927-3330 fax:082-927-1848 携帯:090-4898-9147
 
 
 
- TOP - 神楽団横顔紹介 - 神楽団保持演目 - 神楽団上演予定 - 神楽団上演実績 -
- 神楽団員紹介 - 神楽団員募集 - 八幡神社 - 神楽団写真館 -
- 神楽団掲示板 - お問合わせ - 神楽関連リンク - バナー

- 演目(あらすじ)紹介 - 神降ろし - 鍾馗 - 日本武尊 - 塵倫 -
- 悪孤伝 - 恵比須 - 滝夜叉姫 - 土蜘蛛 -
- 大江山 - 戻り橋 - 紅葉狩 - 八岐大蛇 -
 
 
 
掲載中の文章・写真の無断転載を一切禁じます。
Copyright (C) TAKAIKAGURADAN ALL RIGHTS RESERVED. POWERED BY
ホームページ制作 広島