高井神楽団 広島県広島市佐伯区

 
高井神楽団

鍾 馗 (しょうき) 【旧舞】

鍾 馗 (しょうき) 【旧舞】素盞鳴尊(すさのうのみこと)がその昔、唐(とう)の国へ渡ったとき、鍾馗大臣(しょうきだいじん)と名乗って、虚耗(きょもう)という鬼を退治しました。その鍾馗大臣(しょうきだいじん)に恨みを抱く虚耗(きょもう)の子孫が、後に四季(しき)の大疫神(だいえきしん)となって、日本に渡り、疫病(えきびょう)を撒(ま)き散らして人々を苦しめていました。
それを聞いた鍾馗大臣(しょうきだいじん)は、大疫神(だいえきしん)退治に向かいますが、大疫神(だいえきしん)は魔力を使っているため鍾馗大臣(しょうきだいじん)にはその姿が見えません。そこで鍾馗大臣(しょうきだいじん)は茅(ち)の輪(わ)をかざし、その輪(わ)の中に大疫神(だいえきしん)の姿をとらえる事ができました。
なにしろこの大疫神(だいえきしん)は、春の疫病(えきれい)、夏の虐病(ぎゃくれい)、秋の血(ち)腹(はら)、冬の該病(がいびょう)などと、一切の病(やまい)をつかさどる大変悪い鬼です。
鍾馗大臣(しょうきだいじん)は、茅(ち)の輪(わ)をかざして大疫神(だいえきしん)と問答(もんどう)を繰り返しながら激しい戦いを繰り広げます、そして見事大疫神(だいえきしん)を退治します。

雑記帳
素戔鳴尊(すさのうのみこと)と備後風土記の蘇民将来(そみんしょうらい)と謡曲の鍾馗が合体し作られた演目です。

出演者
鍾馗(しょうき)大臣(だいじん)(素戔鳴尊(すさのうのみこと))
大疫神(だいえきしん)

奏 楽  大太鼓  小太鼓  手打鉦  笛

   悪狐伝(あっこでん) 【新舞】
 
 
 
高井神楽団事務局 広島市佐伯区八幡東四丁目23番20号
団長 中川輝彦
tel:082-927-3330 fax:082-927-1848 携帯:090-4898-9147
 
 
 
- TOP - 神楽団横顔紹介 - 神楽団保持演目 - 神楽団上演予定 - 神楽団上演実績 -
- 神楽団員紹介 - 神楽団員募集 - 八幡神社 - 神楽団写真館 -
- 神楽団掲示板 - お問合わせ - 神楽関連リンク - バナー

- 演目(あらすじ)紹介 - 神降ろし - 鍾馗 - 日本武尊 - 塵倫 -
- 悪孤伝 - 恵比須 - 滝夜叉姫 - 土蜘蛛 -
- 大江山 - 戻り橋 - 紅葉狩 - 八岐大蛇 -
 
 
 
掲載中の文章・写真の無断転載を一切禁じます。
Copyright (C) TAKAIKAGURADAN ALL RIGHTS RESERVED. POWERED BY
ホームページ制作 広島