高井神楽団 広島県広島市佐伯区

 
高井神楽団

日本武尊(やまとたけるのみこと) 【新舞】

日本武尊(やまとたけるのみこと) 【新舞】時(とき)は十二代景行天皇(だいけいこうてんのう)の御代(みよ)でありました。
天皇の第二子倭男具那命(にしやまとおぐなのみこと)は、勅命を受けて九州熊襲(きゅうしゅうくまそ)の国で権勢(けんせい)をほこり民衆を苦しめる豪族(ごうぞく)の首領川上梟師一味(しゅりょうかわかみたけるいちみ)の成敗(せいばい)に出かけます。
川上(かわかみ)梟師(たける)の館(やかた)では、ちょうど館(やかた)の新築祝いの宴(うたげ)の最中で命(みこと)は一計(いっけい)を案(あん)じ美しい姫に身を変えて酒宴(しゅえん)に臨(のぞ)み、酔いつぶれた梟師(たける)を討ち取ろうとする。梟師(たける)は命(みこと)と一騎討(いっきうち)ちとなるがついに命(みこと)の強さに倒れてしまう。そのいまわの際(きわ)に「わが西国(さいごく)にあって我に勝(まさ)るものはいないと思っていたが倭(やまと)の国に命(みこと)のような勇者(ゆうじゃ)もいたのか、このうえはわが名を奉(たてまつ)る」と言い残して斬(き)られる。倭男具那命(やまとおぐなのみこと)は、以後名(いごな)を日本武尊(やまとたけるのみこと)と改(あらた)めます。

雑記帳
日本武尊=景行天皇の第二子で第十四代仲哀(ちゅうあい)天皇の父親

出演者
倭男具那命(やまとおぐなのみこと)(日本武尊(やまとたけるのみこと))
八重(やえ)姫(ひめ) 川上(かわかみ)梟師(たける)(武) 手下(てした)

奏 楽 大太鼓  小太鼓  手打鉦  笛

   悪狐伝(あっこでん) 【新舞】
 
 
 
高井神楽団事務局 広島市佐伯区八幡東四丁目23番20号
団長 中川輝彦
tel:082-927-3330 fax:082-927-1848 携帯:090-4898-9147
 
 
 
- TOP - 神楽団横顔紹介 - 神楽団保持演目 - 神楽団上演予定 - 神楽団上演実績 -
- 神楽団員紹介 - 神楽団員募集 - 八幡神社 - 神楽団写真館 -
- 神楽団掲示板 - お問合わせ - 神楽関連リンク - バナー

- 演目(あらすじ)紹介 - 神降ろし - 鍾馗 - 日本武尊 - 塵倫 -
- 悪孤伝 - 恵比須 - 滝夜叉姫 - 土蜘蛛 -
- 大江山 - 戻り橋 - 紅葉狩 - 八岐大蛇 -
 
 
 
掲載中の文章・写真の無断転載を一切禁じます。
Copyright (C)TAKAIKAGURADAN ALL RIGHTS RESERVED. POWERED BY
ホームページ制作 広島